経理業務の外注|電話代行に依頼|コスト削減で景気が戻る!

電話代行に依頼|コスト削減で景気が戻る!

男女

経理業務の外注

電卓

経理業務の代替性

経理の業務は、会社のお金の流れを帳簿に記帳し、お金の流れを日、月、年単位で集計して、最終的に会社の役員はもちろんのこと、投資家や株主、債権者などのステークホルダーに報告することです。経理は、簿記会計の原則に則って行われ、会社の日々の取引を記録し、会社の財務状況や利益額などを表示することを目的としています。貸借対照表や損益計算書などの財務諸表を作成して、株主総会への報告などを行います。仕事の流れとしては、日々の取引が発生する都度、帳簿または会計ソフトに日計として記録し、これを月単位、四半期、中間期、期末などの会計的な区切り毎に書類を作成していくことになります。従って、新しいアイデアを出すのではではなく、決められたルールに従って現状の報告書を忠実に作成することがメインの業務ですので、貴重な人材を投入することは会社的には不経済です。そこで経理代行業の需要が出てきます。経理代行業に委託することで、会社の人的資源の有効活用を図ることができます。

経理業務の代替による利点

経理業務は、誰がやっても同じ結果がでなければなりませんので、正確性が要求される業務です。しかし、会計の原則に則って行われますので、内容的には専門的な知識を要しますし、煩雑な作業となります。そこで、経理代行業社に経理業務を委託することで、経理業務を削減することができます。領収書や売上げ、仕入れ金額がわかる書類を用意すれば、面倒な記帳事務をやってくれます。経理業務の専門家集団に委託することで、削減できた人材や予算を本来的な業務に振り向けることができます。経理の専門家が担当しますので、迅速かつ確実な業務が保証されます。また、経理業務の範疇を超えて、財務分析を行い、会社の経営状況に対する所見を加えてくれる経理代行業者もありますので、会社の業績アップや業務改善に役立てることができます。