電話代行に依頼|コスト削減で景気が戻る!

コンサルタント

経理業務の外注

電卓

経理は会社にとって重要な業務ですが、お金の流れを正確に表すことが主たる業務となりますので、その意味では間接部門的な業務であり、生産性がない仕事です。そこで、この経理業務を経理代行業者に委託することで、会社の人的資源の有効活用を図ることができます。

詳細

すぐに確認できる

男性

契約書の重要性については論を俟たないところですが、契約書管理業務も重要です。契約の履行状況の確認に使用するなど、コンプライアンス的な要請もありますが、業務効率化にも活用できます。契約書管理データベースの構築により、蓄積した契約書を活用することが考えられます。

詳細

電話受付を外注する

婦人

代行業務の内容

会社の窓口としては依然として電話によるものが主となっています。大きな会社では専用の電話オペレーターを置いて代表番号で受付て、そこから適切な担当部署へと繋ぐのが一般的です。また部署ごとに直接電話をすることもありますが、実際のところ直接電話となると業務の妨げになる場合もありますし、部署が大きければ適切な処理が出来ないケースもあります。この点で専用の電話オペレーターが必要なわけですが、電話オペレーターを自前で置くにはコストが掛かるため規模の小さい会社となると費用対効果の面で見ればあまりよくありません。このような時に利用されるのが電話代行サービスです。これは電話対応をしてくれるもので、電話オペレーターの外注と言えるものです。代行業務としては単なる電話を繋ぐだけでなく不在時にどのような用件で掛かってきたか書類にして送ってくれるというものになります。

外注することによる利点

電話代行を利用するメリットとしてはコストの削減と電話の適切な処理です。電話対応専門のオペレーターを雇う場合には電話の受付回数に関わらず月々の給与を支払わなければいけませんし、適切な教育も行わなければなりませんし、設備も必要になってきます。しかし、電話代行を利用すれば専用のオペレーターを雇うよりも安い費用で利用することができますし、何よりも専用の設備を導入しなくても良いメリットがあります。また熟練したオペレーターに電話の受付をさせることで、電話を掛けてきた人も安心させることができますし、必要な用件を書類にして転送するサービスをした場合には、情報の共有化という点でも有利です。また個人事業主など余分なスタッフを雇う余裕がない場合には電話代行を利用することで、ビジネスチャンスを逃さないといったメリットもあります。

クラウドによる顧客管理

オペレーター

CRMシステムは、マーケティング・リサーチの重要性が日々高まる全てのビジネスにおいて、今後必須のソリューションとなってくることは間違いありません。顧客情報の徹底した管理と分析・予測は、企業の存続に関わる重要なファクターであり、CRMはそれを強力に支援してくれるシステムであると言えるでしょう。

詳細